2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
POST切手展
2007/12/21(Fri)
20071219001644
過去記事参照でよろしう→『POST切手』展

仕事の移動の合間にムリヤリ行ってきたですよ。
六本木って都会だ~すげ~。

平日午前中ということもあって、あんまり人はいませんが、
でもデザイン系の学生らしき女の子とか来てました。
こーいうのってやっぱり勉強になるんだろうなぁ。

postkitte071217.jpg

展示されているのは72面シート(横8縦9)の「普通切手」と
12面小型シート(横4縦3)の「テーマ切手」の2種類、あわせて200点強。
カタログを見ると、凸版や電通も協賛していて、
日本郵政の切手デザイン室の人からもアドバイスをもらっているらしい。

で、展示を見た感想なんだけど、

遊びなのか本気なのかイマイチわからない。

……というのも、素人目から見ても8割方実現不可能だってわかるから。

まず小型シート12面が可能ならデザイナーは苦労しない。
50円が12枚なら600円、80円が12枚なら960円。
ともに1000円札を出したときのおつりがコイン4枚になって、
小銭のストックが倍必要になるし、おつりを返す手間を考えると迷惑でしかない。

次に色彩の問題
消印がわかりにくい切手(例:黒い切手)は論外として、
色数が多すぎるのも画質が荒くなる原因なので適さない。

そして最後にデザインの問題
「切手に描き加える」系は郵便法(第30条:無効な切手類)の制限上、不可能。
「全体でひとつの絵になる」系は切り離して1枚にしたときに
意味不明なものができあがらないようにするのが原則。
1枚ずつに異なった役割を持たせると無駄な切手が出るので使いにくい。

その他、売る気ないだろうこれ(笑)な切手が多数。

こうして考えると切手デザイナーの方々は
見えない苦労と戦ってるんだろーなーとしみじみ思ってしまうですよ。(´Д⊂)

まぁでも「和の食べ物」「エコ年賀切手」「OneDayTrip」みたいに
これあったらいいなーと思えるようなものもアリで、
切手デザインを考えるきっかけになるのではないかと。
「JAGDAのこの企画は楽しいが展覧会だけでは終わらせたくない」
という作者コメントもあったんですが、どこかにつながればいいのかなぁと。

(展示は来年2/3まで。ただし12/31~1/3は休館。くわしくはこちら
この記事のURL | つれづれ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- POST切手展 -
ご無沙汰していました。というかいつ以来か自分も覚えていないですがw
自分もついでがあったので、POST切手展を見てきました。土曜でしたが、時間帯が悪かったのか、お客はまばらでしたが・・
自分は、郵便法だとかは度外視して眺めてましたが、民営化したのだし、案外今までにない幅広い分野のデザイナーの力を借りるのもありかなと思いましたね。
環境や省エネをテーマにしたものが多かった気がしますけど、メッセージを図案化したものだと郵便番号以来発行がないですよね。
公益性もあることですし、目からウロコなアイデアだと思いました。あとカレンダー何かも面白いと思いました。なんにせよ、既成概念を取っ払って考えることが今は必要な気がします。
売れなければ始まらないのですから。
この切手を使ってみたいからあえてメールでなく手紙を出す。
そう思わせる切手発行されないかと。
2007/12/22 20:04  | URL | Firo #-[ 編集] ▲ top
-  -
> Firo様
確かに今の切手デザインは既成概念を
いろいろとっぱらわないといけないでしょうねー。
しかしその前にいろんなヨコヤリをとっぱらわないと(笑
2007/12/25 00:50  | URL | HIDEN #SJMMuUIM[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kittecollection.blog41.fc2.com/tb.php/1750-1f1952d9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。