2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
高校生クイズの数学
2008/09/07(Sun)
今年は最悪の年だった「高校生クイズ」

鮮度が悪くならないうちにこのネタを。

土曜に実家行ったら「こんな問題が出されたんだけど解ける? 20分だって!」
といわれてメモ書きを渡されたんで、時間計って解いてみることに。

(問題)
1~90から5つひいて小さい順に発表するとき、
連続した数字が現れない引き方は何通り?


要するに2、4、55、56、87みたいにちょっとでも連続したらダメで、
2、4、55、57、87だとOKということだそうな。

解いてみた。18分かかって正解。(解答は後ほど)

ピーター・フランクルが数学オリンピックの過去問を出して、
解けたのは進学校2校だけだったらしい。
で、答えは出たけど解説なし。

ハッキリ言ってこれはひどい。
確かに数学五輪にしては超易しい。範囲は高1の中盤で習う「場合の数」。
でも、大学受験レベルで「場合の数」を熟知してて、時間内に解けるかどうか。
クイズ大会に出るために努力してきたフツーの高校生は泣くしかない。

高校生クイズはいつからお勉強大会になったんだろうか?
自分も現役高校生のときは出場するかどうかだけで仲間内で超盛り上がったものだけど、
どうやら視聴率とカネの都合でずいぶん腐ってしまったらしい。
テレビ見なくてよかったってことなのかな。

問題の解答はこちら↓
ture080907a.jpg
実は18分で解いたときはもっと面倒なやり方でやってた。
これは一晩経ってから思いついた方法。たぶんこれが一番シンプル。

式だけを見るとエライ簡単そうに見えるんだけど、実はこの
「○と□でおきかえる」「↑のところに割り込ませる(隣り合わない=間や端に入れる)」
というのが、やり方を知らないとできない。当然受験参考書レベル。

ピーター・フランクルにしちゃサービス問題だなぁとは思うものの、
もっと「平成教育委員会」みたいな解説見て視聴者が納得できるような
問題じゃないと。いくらなんでもこれじゃ「おいてけぼり」すぎる。

とりあえずテレビは開成やラ・サールのような名の知れた進学校が活躍すれば
絵になるからいいんだろうね。
本当にテレビ番組ってのはどこまでダメになれば気がすむんだろう。
この記事のURL | つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kittecollection.blog41.fc2.com/tb.php/2258-40744f4a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。