2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「国際文通週間(国連加盟50周年)」ってどう?
2006/09/09(Sat)
060929a.jpg
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2006/h180929_t.html

9/29発行。
投票+コメントありがとうございましたm(_ _)m
えーと……ここまでNo票が伸びたのは最近なかった気がしますね……。

で、れびゅーなんですが↓

それぞれの思惑


> ― 依頼をされてから完成までにはどのくらいの時間がかかるんですか。
> (森田基治氏)結構短いですよ。1ヶ月半くらいなんです。
> でも、やなせ先生(注:やなせたかし氏)はお約束してた日にちよりも、
> 絶対に早めにくださるんです。いつもすみません、先生。
(「IT'S A STAMP WORLD」切手デザインスペシャル対談より)


!読むときの注意!
この記事を書いてるHIDENは妄想癖があります。
ここに書いてあることを真に受けないように。


Q1.なぜ「国連加盟50周年」を発行するのか?

→ A1.常任理事国入りキャンペーンの一貫。


郵政民営化などキャッチーな政策がお好きな小泉政権。
外交は、というと「親米」「北朝鮮」「靖国」あたりを思い浮かべる人が
多いかと思うんですが、実はこの分野にもこれ以上ないほど目立つ
スペシャルプロジェクトがありました。

それは「国連安保理常任理事国への参加」。

理事国といえば米英仏中ロのいわゆる5大国。
1カ国でも拒否権を発動すれば議案があっさりつぶせるという超強権力。
ところがこのシステムってのはできてから60年も変わってない。

そーするとどうなるか。いろいろ問題点が出てくるわけですね。
ごたごた話し合いしてる間に米英がイラク戦争始めちゃったとか。
始めちゃえば非難声明だそーが何しようが遅いです。あとはご存知の通り。

これじゃダメじゃん!改革しよう!と言い出したのがアナン国連事務総長。
そこで「常任理事国増やせばいいんじゃね?」って声が上がります。
言いだしっぺは日本・ドイツ・インド・ブラジルの常任なりたい4か国
確かに理事国が増えれば1か国あたりの権力は相対的に薄まりそうです。
そんなわけで4か国、理事国増やそうぜ!と一致団結して頑張るのでありました。
ところがこれがまずかった。

中韓「日本がぁ?」←むかしからキライ
米「ドイツがぁ?」←イラク戦争反対された
パキスタン「インドがぁ?」←国境おおもめ中
そうです。4か国中1か国でもイヤだと手が挙がらないわけです。
これでは2/3の賛成票が集まるワケがありません。
というか中国経済が重要な現在、中小各国が逆らうのムリ

というわけで4か国のガンバリにもかかわらず、この話は実質消えました
これが去年(05年)の秋ごろ

もうおわかりでしょう。
この「国連加盟50周年」切手は話が盛り上がってたころに、
06年発行計画の中でばばーんと出されるはずだったんです。
でも出したころ(11/24)には盛り下がってました

んじゃ切手はどうでもよくなったのか。
いや、むしろ逆。なぜならあきらめが悪いあきらめてないから。
オレたちの戦いはこれからだ! 参照→安倍氏の政権構想要旨

で、今年の5月。
アナン事務総長が日中韓などアジア各国を訪問することになりました。
要は北朝鮮核問題とか3国の緊張とか心配だったからなんですが、
そんなことは余計なお世げふんげふん。
えっとなんだっけ、要はニッポンチャンス!なわけですよ!(ぉぃ

そんなわけで9/29発行の切手の図案がなぜか5/16に発表
そして翌5/17の会談の席で「小泉総理から、国連加盟50周年の
記念切手を発行することをアナン事務総長に紹介しました。」

となります。
はい、これからもよろしくね、が絵になりましたね。
小泉総理は9月で任期満了ですが、実はアナン事務総長も
12月末で任期満了となります。次期へのPRということですね。


Q2.なぜ「国際文通週間」が「国連加盟50周年」なのか?

→A2.売れないから。


国際文通週間は広重の五十三次を90・110・130円で出す、が恒例でした。
この料金はエアメールの第1・第2・第3地帯への最低料金になります。
→「地帯」など詳しいところは国際郵便料金一覧表参照。

では、国際文通週間「以外」でこの料金になっている切手は?
ちょっと前だと「日本におけるイタリア2001年」でしょう。

そこで思い出してください。
ドイツ年は何円でしたか? 日豪交流年は?――80円ですよね。
どちらもイタリアと比べて同様に重要なはずです。でも110円じゃない。
これじゃドイツやオーストラリアに届かないじゃないですか。なぜ?

売れないからですよ。

売れなかった切手については東京中央郵便局のリストを見るのが早いです。
平成15~17年の130円がまだ残っているんです。

90円なら定型内の50gまでで使えます。
110円なら10円を足せば定形外の50gまで使えます。
では130円は?――答えは10円足して50g超~100g定型外です。
マニアじゃない限り思いつかない使い方です。
おまけに国際料金においても、第1地帯(90円)はアジア・アメリカ、
第2地帯(110円)はヨーロッパを抱えているのに、
第3地帯(130円)は南米・アフリカです。どう考えても需要少ないです。

最近発表されたシンガポールと共同発行予定の「国際文通グリーティング切手」に
ついて、「切手デザイン室」のページにはこうあります。

> 50円と80円をいっしょに貼って130円なら、南米やアフリカにも
> 届けることができます。

そうです。50円と80円あれば130円いらないんです
同じ理屈なら80+10=90円、50×2+10=110円です。
でも逆に変に金額をまとめられると用途が極端に限られてしまう。
だから、無駄をとことん切り詰めたい最近の公社にとっては、
どうせ売れないんだから変な金額出したくない」んです。

今回の「国連加盟50周年」は額面を90円や110円にして、
実際に郵便物で日本と国連の関係をPRする必要があります。
ですから、いつもより余計に「変な金額」を出さないといけないんで、
その分いつもの広重には消えていただく必要があるということです。

追記:今年の「国際文通週間」でも「国際文通グリーティング」でも
130円切手は出ませんでした。ということは仮に来年広重にもどったと
しても、130円切手は消える可能性が大ってことですね?


Q3.あの図案は何ですか?

→ A3.「日本が世界(国連)を支える」イメージ


最初の「国連加盟50周年切手」発表記事を見たときに、
切手の図案と国連切手図案を見比べてあぁアレンジね、と思った人。
大事なところ見逃してるから、もう一回見直せ。
よく見えねぇって人はこちらも参照。

こんど日本切手になる方の丸い物体は地球ですが、
国連切手の方は地球関係ありません。

ある天体から土星のような天体(手前にはその衛星)を見てる図です。
よくわかんね、という人は天体の表面をよく見ましょう。
日本切手の方は雲がうずまいてますが、
国連切手の方は月のようにクレーターが集まっています。

元々この佐和貫氏は宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999の美術製作
やっていて、そっから宇宙アート画家の活動を始めた人です。→参照
ですからここに描かれたのはタイトルどおりのピースフルプラネット
(平和な惑星)です。あるいは冥王星だったりしてね(笑

で、日本切手ですが、丸いのは何かと思ったら、

> 海(山)と地球、コスモス及び国連のシンボルマークを組み合わせています。

と明記してありました。間違いなく地球です。
そしてそういった目で見ると「海とコスモス」(90円)はともかく、
「山とコスモス」(110円)の方がやや不自然に見えてきます。

浮遊感を強調したいなら山の「上空に」地球です。
「宇宙を背景に山」なら地球がもっと下に来ないと落ち着きません。
するとこの配置は?

この切手の発表があったときにシート全体図を見て
「お土産屋にならんでる水晶玉みたいだなぁ」と思いました。
これを書きながらあらためて眺めてみると理由がわかった気がします。
富士山を台座にして地球が置かれていると見ると自然なのです。

この切手デザイン自体、アナン事務総長訪日に形になるように
依頼されたのだと思われます。
そうすると、図案の指示まであったかどうかはわかりませんが、
日本と国連とのつながりをイメージ化するような内容にしてほしい、
ぐらいの話は入っているでしょう。
(注:日本の国連予算負担は19%。アメリカに次いで2位。
 確かに「支えている」といえば支えている)

海外の人たちにもわかるように地球とフジヤマを入れた構図、
これと対になるように海を入れた構図をプラスして2種、なのでしょう。
「海とコスモス」には海と地球の間に黄色い光が描かれています。
もしかしたらこれも海の彼方のライジングサン、
つまり日本を象徴しているのかもしれません。


以上、長々と書きましたが、
この切手はあくまでも「海とコスモス」「山とコスモス」であり、
あとは「ご自分の感じ方で感じてください」ということになるのだと思います。
穿った見方をすれば竹島切手以上の強烈な切手と捉えることもできますが、
それを議論してしまうとそれこそ国際問題になりかねませんね(笑



(評価★★☆/5つ星満点)


参考資料
NHK週間こどもニュース「国連の常任理事国ってなに?」
日経BP社SAFETYJAPANコラム「国家安全保障を考える」
日本記者クラブ「日・中韓対立を”緊張”と表現」
半島非核化、日本も関与をアナン事務総長、国会演説
常任理事国入り「十分、可能性ある」・国連事務総長、森氏に


最後まで読んでくれたあなた! お疲れ様+超感謝デスm(_ _)m
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kittecollection.blog41.fc2.com/tb.php/398-85287548

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。