2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
たまには読書感想文
2006/07/09(Sun)
ture060706.jpg


涼宮ハルヒの退屈」「涼宮ハルヒの消失
AMONさんからの借り物。
シリーズで最も評判がいい「消失」とその伏線となってる「退屈」をあわせて。
これは評判どおり面白かったですよ~。
それにしてもタイムリープが出てくるとバック・トゥ・ザ・フューチャーを
真っ先に思い出すのは年なんだろーか……。
あ、関係ないけど来週公開の「時をかける少女」は見てみたい。

たったひとつの冴えたやりかた
古典SFとしては外せないらしいので読んでみた。
……悲しく美しい。
「泣かなかったら人間じゃない」みたいに書いてあったので
私は人間じゃないらしいんですが(笑
それでも読後しばらくはコーティのこと以外考えられなくなったですよ。
1本目の表題作がピカイチなんですが3本目の「衝突」もオススメ。

邪馬台国はどこですか?
この作品はミステリの範疇に分けられることが多いんだけど、
「歴史もの」というぐらいで分類不可能な感じ。でも面白さは文句なし。
特に邪馬台国東北説は注目。これは本気で俎上に乗せていーんじゃないだろうか。
奇説目白押しなんだけど、納得「いかされる」本。
歴史好き、ミステリ好きなら読んどけ。損しないから。

今はミステリ系読んでます。
いろいろ並行して読んでるけど(から?)ぜんぜん進まないよー(笑
この記事のURL | つれづれ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 時をかける少女 -
「時をかける少女」といったら原田知世を真っ先に思い浮かべる私も年です(笑)
涼宮ハルヒシリーズはちょっと興味あるので、読んでみたいと思っています。
2006/07/09 20:42  | URL | one #-[ 編集] ▲ top
-  -
> one様
♪とーきーをー、かーけーるしょおじょー
いいですねぇ原田知世(年だ
ハルヒはいきなり途中から読んでもイマイチわかりにくいと思うので1冊目の「憂鬱」から読むことをオススメしますです。
2006/07/09 22:56  | URL | HIDEN #SJMMuUIM[ 編集] ▲ top
- 邪馬台国~ -
中でも「邪馬台国」と「イエスの復活」の2篇は見事だと思っていました。

でも鯨統一郎は当たり外れが激しくて・・・

ついでのお薦め

「黒後家蜘蛛の会」1~5 アシモフ

アシモフが死んで、なにが悲しかったかって、黒後家の続きが読めなくなったことですよ、はい。
2006/07/11 02:09  | URL | 出雲欽也 #tIzNQ2cE[ 編集] ▲ top
-  -
> 出雲様
Amazonのレビューでも「黒後家蜘蛛の会」載ってましたね~。面白そうなんで本屋で探してみようかと思いますm(_ _)m
2006/07/12 00:49  | URL | HIDEN #SJMMuUIM[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kittecollection.blog41.fc2.com/tb.php/546-03fdf12c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。