2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
知らないということ、知るということ
2006/08/05(Sat)
ture060804.jpg
左から週刊新潮今週号と「いわゆるA級戦犯
昭和天皇の終戦史」「昭和天皇独白録

> 知りもしないで「A級戦犯」と言うのをやめなさい!
> いわゆる「A級戦犯」と呼ばれる人々を、
> 何で責めているのか答えてみなさい!
> 何も知らないはずである!! (「いわゆるA級戦犯」より)

いわゆる「富田メモ」問題の話。
私が取ってる新聞は日経なんで真っ先にその記事みてびっくら仰天したんですが、
読んでみて直感したことは「うさんくせー」ってことだったわけです。
だってさ、メモ帳に紙がぺらっと貼り付けてあって、
そこの記述を都合いいとこ抜粋して「これは天皇の発言です」だよ?

文章は前後をきちんと読めって小学生でも知ってるよ?

しかも自分の下で真剣に働いてた人をここまで他人事のよーに
クソミソにけなしたりするかフツー、とか思ったんですよ。
ただね、そこから話をすすめるにはあまりにも知らなすぎるわけ。

「戦争」っていうと「あれはやっちゃいかんよね絶対」って言われて、
それ自体激しく同意だから「そうだよね」ってうなづいて、
それで話が終了してそっから先に全然話進まない(進めない)のよ。
つまりそれって思考停止だよね?

だから「なんでよそれ?」ってのを改めて自分の中で掘り下げようと思ったわけ。
で、いろいろ文献を読んでみて初めていろいろわかったんですよ。
学校で習った「正しい歴史」は既にいろんな力で曲げられてたんだなと。

例えば「昭和天皇独白録」を読めば天皇が「A級戦犯」と乱暴な
くくり方をするはずがないってのは、どんな素人だってわかるんですよ。
なのに新聞やTVを見た人たちはそういうもんだと納得している。
それが「知らない」恐ろしさなんだとこっちが驚いちゃうくらいに。

ネットでは早くからこの辺は指摘されてたんだけど、
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10014915240.html
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/07/post_5e43.html
ネタがネタだけにこれは表に出ないんだろうなと思ってた。

そしたら今週の週刊新潮が表に出しましたよ。
――「昭和天皇」富田メモは「世紀の大誤報」か――
徳川侍従長の発言であってもおかしくない、という話。
ネットで言われてたことがいろいろ裏づけられて載っているんで、
他の記事はどーでもいいから(笑)これだけでも読んでほしいと思う。

その上で是か非かってのは好きにすればいい。
「知らない」ってことは「私はだまされても仕方ない」ってのと同じ。
だから、まずは「知る」ことから始めなきゃいけない。
この記事のURL | つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kittecollection.blog41.fc2.com/tb.php/612-c58b83d1

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。