2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
つるかめ算ってなつかしいよね
2006/08/26(Sat)
父親が教えるツルカメ算 父親が教えるツルカメ算
三田 誠広 (2006/07/14)
新潮社

「ツルとカメがあわせて5匹、足は16本、それぞれ何匹?」
これを解くのにこんな話を聞いたことがある。

 *

あのさ、ツルとカメが5匹突っ立ってるわけよ。
そいつらに「お前ら全員ツルだ!」って催眠術かけるわけ。
そーすると、みんなして2本足で立つわけよ。
ツルは普段通りでいいんだけど、カメなんか超がんばっちゃうわけよ。
一生懸命うしろ2本でぷるぷるしながら直立してんの。

そーするとその時点で2本×5匹で10本だろ?
6本足りないんだよ。
時間たつとさ、催眠とけて「あーそーか、オレってカメだったっけ」って
思い出したようにぱたぱた前足下ろし始めるわけよ。2本ずつ。
そーすると3匹おろしてやっと16本。
だからカメ3匹で、残り2匹がツルなんだよ。わかった?

 *

もっとも、中学受験だと図を使って解くって方法がメジャーで、
これを応用すると食塩水の問題とかも方程式使わないで
カンタンに解けたりする。
たぶんこの本とかもそーいう話が載ってるんじゃないかと思うんで、
知らない人、算数苦手な人は読んでみたら面白いんじゃないかな?
この記事のURL | つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kittecollection.blog41.fc2.com/tb.php/654-4c673ec3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。