2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「南極地域観測事業開始50周年」ってどう?
2007/01/30(Tue)
070123.jpg
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2006/h190123_t.html

1/23発行。
投票+コメントありがとうございましたm(_ _)m
やはり入手のしにくさとデザインが問題点か!?

で、れびゅーですが↓

混乱しすぎ

先に読むといい記事
切手デザインを憂う (現行切手収集家の日記様)
南極地域観測事業開始50周年 (HYPER Philatelist様)
シール式「南極地域観測50年」はまだ手に入る!
  (切手市場副管理人のひとりごと様)

今回の切手は今までと違ってあらゆる意味で「特殊」でした。
その特殊な点は大ざっぱにいうと流通とデザインの2点になるでしょうか。

流通については副管理人様が指摘された通りなんですが、
補足(蛇足?)すると、公社のトップはトヨタのカンバン方式
意識してる「つもり」なんじゃないかという気がします。

関連:『郵政公社 トヨタ式に混乱』の新聞記事に思う

カンバン方式についてはリンク先を見てもらうとして、
要は流通効率(ひいてはコスト)を考えた「在庫を置かない」システムと
いうことがわかればとりあえずOKです。
公社はがんばってトヨタ式の効率いい運営をめざしてるんですね。

んで先ほど「つもり」と書いたのは関連で挙げたように
全然できちゃいないからです。
大体さぁ、車工場と郵便局じゃ話が違うべさ。
車の売れ方と切手の売れ方は違うべ?
そりゃ現場の声を聞いてアレンジを加えないと
末端は何やってんだかわかんなくて混乱しまくるわけですよ。
この分だと今後も似たようなこと起こしそうですねぇ……。

さて、デザインの方ですが、私も「何かあった」という見方です。

02_bowling_F.jpg
まず、「イラストレーター」によるデザインですが、別段珍しくはありません。
上は今月発行されたベルギーのスポーツ切手のうちの1つですが、
これも同様のデザインでしょう、非常にポップでいい感じがします。
それにイラレで動物を描くのも夏のグリーティングなどで
既にやってるようですし、デザインの流用(使いまわし?)も
ふみの日などで実はおなじみだったりします。
ではなんでこんなにも「ヘタ」に見えるのか?

070123.jpg rev070123a.jpg
例えば同じ南極を題材にした83年発行の『南極観測船「しらせ」就航』と
比べてみましょう。「しらせ」の方が安定して見えるはずです。
なぜでしょうか?
ペンギンの大きさのせいではありません。パースのせいです。

rev070123b.jpg
左側の切手は目線が舟の後方のラインになっています。
しかし、右側の切手は氷山の上、つまり切手の上端が目線です。
つまり目線が異なるものを合わせているので空間がねじれているのです。
赤ラインで分離してみると安定するのがわかると思います。
赤丸で囲んだペンギンは左右をつなぐためにわざと「浮いた」位置に
置かれています。(後ほど出てくるシール式シートと比較のこと)

これに比べ、「しらせ」の方は地平線がそのまま目線位置になっており、
その位置も画面全体の1/3に置かれているので安定して見えます。
また、魚眼レンズのように若干ではありますが上下に広がりを持たせて
空と氷原を強調しているのも構図に深みを持たせています。

rev070123c.jpg
そして、この切手についても同様にねじれがみられます。
左側の目線位置は上方ですが、右側はあきらかに下方です。
遠くの船を見てたら、足元から雪上車が顔を出したという印象です。
また、この大きさで表すにしては人物と雪上車の書き込みが不足しています。

rev070123d.jpg
ではなぜこんなおかしなことになったのでしょうか。
シール式シートの方を見てみましょう。
パースは後方の地平線で一致しています。
(飛行機が例外だけど切手シートに収める都合で仕方ないところ)
つまり、ねじれがおきているのは裏のり式シートの方だけで、
シール式シートの方には大きな混乱は見られないのです。
(ただしよく見ると手前ペンギン部分、犬部分、背景で目線が違う)

また、ポストカードとシール式にはゴマフアザラシがいますが、
裏のり式にはいません。

このあたりを考えると(あくまでも憶測ですが)、
シール式を中心にパーツごとに作っていったが、
裏のり式の方まで手が十分に回らなかった

というオチじゃないかと思います。

例えば裏のり式の切手を作る際に部分的にボツになった
考えたらどうでしょうか。
本来、空を載せるところを都合で海原と氷山にムリヤリ置き換えたとか、
本来、別のもの(アザラシとか)がいるはずだったところを、
動物ばっかりで「観測」要素が足りないからムリヤリ人物と雪上車で
置き換えたとか。

想像を広げるとキリないんでこのへんにしておきますが、
トーンの違うものをムリヤリ切り貼りしたという印象は拭えません。
あるいは送信や印刷の質の都合でデータ量を減らしたのかもしれませんが、
(注:カルトール社に普通切手を発注しようと思ったら、
 あまりに質が低かったんで立ち消えになったとかあったような)
どちらにしろもう少し時間をかけられたら良かったのにねという気がします。


(評価★☆/5つ星満点)
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 南極に郵便局何局あるの? -
星山デザインっすね。
萌え萌えっす(^ ^;;

1羽ぐらいSuicaのペンギンを放し飼いにしてもよかったかも。

ところで、昭和基地郵便局に行く方法って、ご存知ありませんか?
2006/11/09 00:41  | URL | traveling philatelist #-[ 編集] ▲ top
-  -
> traveling philatelist様
あえてここはネタにマジレス(何

・南極に行く方法
↓「南極」で検索かけてみましょう。
http://ratnavi.travel.rakuten.co.jp/ratnavi/user/tour/Search.cfm?mode=3

・いや、そうじゃなくて昭和基地行きたいんだけど
http://www.nipr.ac.jp/japan/topics/h18-48-youkou/index.html

・わかったよ、郵頼でガマンするよ
↓切手発行が間に合いません。また今度。
http://www.japanpost.jp/pressrelease/s03/yubin/061027_03202.html

・わかった、写真でガマンしとく
http://www.penguin3.com/post.html

マジレスになってないとこがポイント♪
2006/11/10 01:41  | URL | HIDEN #SJMMuUIM[ 編集] ▲ top
-  -
 露骨に書くと差し障りがあろうかと、今までは遠回しな文章表現をしたのですが、せっかくですから私の推測を明確にしておきましょう。
 HIDENさんが書かれた目線の位置とかパース等々のことは、デザイナーなら常識で知っていることですから、重要なのは「知っていてなおかつやっている」点です。昼間と夜空のオーロラの混在もそうで、意図的にやった理由こそが肝要だと私は考えました。
 つまり、あーだこーだ、いろいろな立場の人がこれも描いてくれ、これも入れてくれ、これはこのポーズでと、外野がぐちゃぐちゃ好き勝手を要求してズタボロな絵柄になってしまった、ならざるをえなかったのだろうと、そのように推測しています。そういう事例は自分の体験でもすごく多く、そりゃもうしょっちゅうあることです。まして本件は科学的な正確さも要求されたであろうことは容易に想像できます。描かれたモチーフのちょっとした仕草などの描き方も、実際の様を正確に表現するよう求められていたのではないかと思います。
 一度描いた絵に何度も何度も修正が入るような場合は、手書きイラストよりイラストレーターやフォトショップといったパソコンソフトを使った方が効率的です。このあたりが真相なんじゃないでしょうか?。
2007/01/31 11:01  | URL | すぎやま #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
-  -
> すぎやま様
やっぱりそのへんなんですね。
図案発表直後に「コラージュみたい」と書いたんですが、
ムリヤリな切り貼りが今回はエライ目立つ気がします。
そういうデザインだからそうした、というより
まとまらないからまとめない感じにした、とか?

先日の「関東のくだもの」もそうなんですが、
本当につまんないことで日本切手がグダグダに
なっていくのがどうにも腹立たしいですな。
2007/02/01 02:21  | URL | HIDEN #SJMMuUIM[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kittecollection.blog41.fc2.com/tb.php/857-0e134f0f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。