2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「地方自治法施行60周年記念シリーズ 奈良県」
2009/11/02(Mon)
100208nara.jpg
「地方自治法施行60周年記念シリーズ 奈良県」

> 当該切手シリーズは、基本的に各県と調整の上、文化・自然・観光・歴史等を
> デザインの題材としています。それを踏まえ、奈良県との調整の結果、最終的に
> 切手のデザインとしてもふさわしいものが決定しました。

この地方自治法シリーズは地元の納得が行くようにデザイン調整を
してるわけなんだけど、奈良は過去の財産を売るしかないってことだろうか?
茨城はロケットとばしてるぞ?
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「ふるさとの花 第5集」の発行
2009/11/02(Mon)
091201furuhana.jpg
「ふるさとの花 第5集」の発行

> 郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO 北村憲雄)は、
> 全国47都道府県の県花を題材として、日本の四季を紹介していく、
> ふるさと切手シリーズ第5弾「ふるさとの花 第5集」を発行します。
> 第5集は、岡山県のモモノハナ、千葉県のナノハナ、大阪府のウメとサクラソウ、
> 高知県のヤマモモ、大分県のブンゴウメです。
> 2009年度に第7集までの発行を予定しており、切手の発行にあわせて、切手帳も発行します。

12月ということで開き直って季節感無視の方向。
まぁ仕方ないですな。
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「天皇陛下御即位二十年記念」の発行
2009/11/02(Mon)
091112_tennou.jpg
「天皇陛下御即位二十年記念」の発行

> 郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO 北村憲雄)は、
> 天皇陛下が御即位二十年を迎えられることを記念して、
> 特殊切手「天皇陛下御即位二十年記念」及び「天皇陛下御即位二十年記念切手帳」を
> 発行いたします。

なにげに豪奢なデザインですよ。
特に小型シートは80円が2枚だけってことで、
年賀切手おとしだまシート並み?に特例な扱い。
保存しておきたい人は切手帳で買った方がいいかもしれんですね。
11/12発行。
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「冬のグリーティング」の発行
2009/10/11(Sun)
091124greet.jpg
「冬のグリーティング」の発行

> 人気イラストレーター・絵本作家及び画家らによる、素敵なイラストが競演した切手シートです。
> 今年は日本人作家だけでなく外国人作家の方にもご参加いただいております。
> 様々なタッチの「冬のグリーティング」切手は、クリスマスカードや冬のごあいさつなど、
> 様々なイベントに合わせてご利用頂けます。

海外から
フィンランドのMinna.L.Immonen(ミンナ・インモネン)氏 (緑・青ともに一番左)
ハンガリーのReich Károly(レイク・カーロイ)氏 (緑・青ともに一番右)
なお、カーロイ氏はすでに鬼籍。

昨年に引き続き、売価は250円と400円。
額面どおりとはいえ、このイラストでこの値段は安い!
ともに100万シートということでやっぱり今年も数が少ないぞ!
確実にほしい人は発売日に入手しましょー。
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「干支文字切手」の発行
2009/10/08(Thu)
091120eto.gif
「干支文字切手」の発行

> 郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO 北村憲雄)は、
> 平成16年から発行しご好評をいただいている、翌年の干支文字を様々な書体で書き表した
> 特殊切手「干支文字切手」及び「通常版切手帳(22年干支文字切手)」を発行いたします。

11/20発行。
主役はもちろん文字なんだど、ちょっと背景の虎の絵に今回は注目。
実は1971年の政府印刷事業100年でも使った「龍虎図屏風」なのですよ。
(注:平成12年切手趣味週間の「龍虎図」とは違う絵なので注意)

1971年の切手(内藤先生のブログよりm(_ _)m)
原画

torahikaku09.jpg
(順に原画、71年切手、今回の切手)

並べてみるとわかるんだけど、
71年の切手はイチから原画を起こしなおしてることもあって、
線を強調、トーンも暗めで職人さんの意識が強く出てる印象。
今回のは干支文字切手のシート地の金色に合わせて、
やや全体のトーンを黄色っぽく補正しているようです。

切手職人の技、CG時代の技術、ということでしょうかね。
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「平成22年用年賀郵便切手」の発行
2009/10/08(Thu)
091111nenga.jpg
「平成22年用年賀郵便切手」の発行

なにこのユルキャラ系(笑

というわけで年賀切手ですよ。
80円くじつきの方は185万枚(3万7千シート)ということである意味
レア切手なのかもしんない。
そもそも年賀に封書はあんまり使わないやね…。
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「日本ハンガリー交流年2009」の発行
2009/09/06(Sun)
091016hungary.jpg
特殊切手「日本ハンガリー交流年2009」の発行

> 郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO 北村憲雄)は、
> 本年(2009年)、日本とハンガリー間の外交関係開設から140周年、
> また外交関係再開から50周年を迎え、両国間で交流イベントが開催されることを記念して、
> 特殊切手「日本ハンガリー交流年2009」及び「ハードカバー切手帳(日本ハンガリー交流年2009)」
> を発行いたします。
> この切手は、一部を両国共通のデザインとして、両国で共同発行いたします。

ハンガリー版まだ出てなかったなぁ。

> この切手は、両国の工芸品、織物、風景のカテゴリから題材を1つずつ選定し、
> 共通のデザインとして、ハンガリー切手デザイナーPéter BERKY(ベルキー・ペーテル)氏の
> デザインにより両国で共同発行します。((1)~(6)の切手)
> また、日本発行の切手シートには、日本切手デザイナー森田基治のデザインにより
> ハンガリーを紹介する題材の切手4種を併せて発行します。((7)~(10)の切手)

…ということなんで、どうやらハンガリー版は左側6種だけってとこっぽい。
これも10/16発行ということで、オーストリア交流と同日ですなー。
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「日本オーストリア交流年2009」の発行
2009/09/06(Sun)
091016austria.jpg
特殊切手「日本オーストリア交流年2009」の発行

> 郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO 北村憲雄)は、
> 本年(2009年)、日本とオーストリア間の外交関係開設から140周年を迎え、
> 本年を「日本オーストリア交流年2009」として両国間で様々な交流イベントが
> 開催されることを記念して、特殊切手「日本オーストリア交流年2009」
> 及び「ハードカバー切手帳(日本オーストリア交流年2009)」を発行いたします。
> この切手は、一部を両国共通のデザインとして、両国で共同発行いたします。

091016austria1.jpg

というわけでオーストリア版はこちら。
金箔や多用された模様など、浮世絵からクリムトが影響受けたって話は
結構あるんだけど、そういった意味では松園じゃなくってもう少し古めの
美人画でもよかったような気がする。

そんにしても80円10種ってどーにかならんかなー。
オーストリアに比べて明らかにムダだらけだよねー。
まぁ売ることを考えれば仕方ないのか。
10/16発行。
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「国際文通週間にちなむ郵便切手」の発行
2009/08/31(Mon)
091009kokubun.jpg
「国際文通週間にちなむ郵便切手」の発行

> 本年は、「東海道五拾三次(保永堂版)」(平木浮世絵美術館蔵)のうち、
> まだ題材としていない宿場の中から、90円郵便切手に「藤澤」(神奈川県)、
> 110円郵便切手に「奥津」(静岡県)、130円郵便切手に「池鯉鮒」(愛知県)を
> デザインしています。

10/9発行。
色がどきつく見えるかもしれないけど、
現在見てるのは色の褪せたやつなので、
当時はこれぐらい派手だったに違いない。

↓というわけで恒例の一覧表。
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「ふるさと心の風景 第6集」の発行
2009/08/31(Mon)
091008kokoro.jpg
「ふるさと心の風景 第6集」の発行

> 郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO 北村憲雄)は、
> 画家原田泰治が描いた、昔懐かしい全国各地のふるさとの風景や、
> ポストのある風景などを題材とした「ふるさと心の風景」シリーズの第6集を発行します。
> 今回は、各地の祭を集めたデザインとなっており、「切手の『ふるさと』解説帳 第6集」も
> 併せて発行します。

それじゃ「ふるさとの祭」シリーズとカブってんじゃねーか(笑

前々回前回と比べるとだいぶレイアウトをいじってきてる様子。
みこしを避けるような感じに2枚が浮いてるんだけど、
この「5行4列20面レイアウトから10面チョイス」の形って普遍なんだろうか?
フレーム切手みたいに2行5列レイアウトにして上をフリーにした方が
デザイナーさんもやりやすいだろうに。
10/8発行。
この記事のURL | 新切手レビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。